事例研究

成功者は起業3年以内に出版している《2》堀江貴文さん

「私は起業したばかりなので、出版は実績ができてからにします」

多くの起業家は、このように考えます。
しかし、成功する起業家の考え方は「正反対」。

実績がまだないうちに、先に出版をしているのです。

今日ご紹介するのは、堀江貴文さんです。

堀江貴文さん

引用元:google

「ホリエモンのメディア戦略は“出版”よりも“テレビ”なのではないか」

と思う方も多いかもしれません。

実は、起業してテレビに露出するようになる前に、
出版をしていたのです。

wikipediaによると、起業したのは24才の1996年です。

1996年(平成8年)4月、有馬あきこらと共に有限会社オン・ザ・エッヂを設立(なお、堀江はオン・ザ・エッヂを設立後に大学を中退している)。資本金には、有馬の父からの出資600万円が用いられた。1997年に株式会社に改組。同社は、当時のインターネットが普及しはじめた黎明期に、いち早くホームページ制作・管理運営を行う会社として注目を集め、レコード会社などの一流企業のサイト制作を請負った。2000年に売上高2億5000万円で東証マザーズに上場。

引用元:wikipedia

起業して2年後に出版したのがこちらの書籍。

引用元:amazon

当時ホリエモン、26才です。

出版した2年後の2000年にテレビ出演した映像がこちら。

引用元:youtube

この時すでにマザーズ上場していたんですね。

堀江貴文さんは目的達成のために
利用できるものは何でも利用していきます。

東大ブランドを手に入れるために東大に入学したように、
著者ブランドを手に入れるために出版したのでしょう。

ホリエモンまとめ

項目内容
出版年1998年
起業年1996年
どっちが先か起業が2年先
生年月日1972年10月29日
出版時の年齢26才
起業時の年齢24才

ちなみにホリエモンについては、
「出所後のイメージづくり」
のためにも出版をうまく使いました。

完全ヒールだったのが、突然ネクタイ締めて
真っ白なシャツを着て、謙虚なタイトル「ゼロ」ですからね。

これについてはまたまとめたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

また次の記事でお会いしましょう。

コメントを残す

*