事例研究

成功者は起業3年以内に出版している《5》神田昌典さん

「私は起業したばかりなので、出版は実績ができてからにします」

多くの起業家は、このように考えます。
しかし、成功する起業家の考え方は「正反対」。

「実績をつくるために出版しよう!」

このように考え、まだ実績もないうちから
ブランディングとしての出版を考えているのです。

今日ご紹介するのは、神田昌典さんです。

神田昌典さん

引用元:google

結論から言うと、神田昌典さんは出版が先で起業があとです。

初の出版は1998年10月。

小予算で優良顧客をつかむ方法』です。

引用元:amazon

一方wikipediaによると、神田昌典さんが起業したのは出版したのと同じ1998年。

大学3年のときに外交官試験に合格し、4年次から外務省経済局に勤務。戦略コンサルティング会社、米国家電メーカー・ワールプール社の日本代表として活動後、1998年、経営コンサルタントとして独立。

引用元:wikipedia

フォレスト出版ベストセラー誕生秘話

ベストセラーとなった『あなたの会社が90日で儲かる!』は2冊目。
こちらは1冊目の翌年の1999年にフォレスト出版から出版しています。

引用元:amazon

フォレスト出版は、この本が売れたのをきっかけに、
石井裕之さん、苫米地英人さん、井上裕之さんなどの本を出版し、
次々とベストセラーを生み出していきました。

フォレスト出版の元編集長である長倉顕太さんによると
神田昌典さんのこの本をベースとして本を作っていったそうです。

フォレスト出版は、神田昌典さんのマーケティング理論を
「出版」に落とし込んでいくことでベストセラーを
生み出していったのですね。

わたし自身、長倉顕太さんから
フォレスト出版の本づくりを一通り
学ばせていただきました。

  • 神田昌典さんのPASONAの法則に基づく「章構成」
  • 苫米地英人さんの脳科学に基づく「目次」
  • 石井裕之さんのコールドリーディングに基づく「前書き」

読者に読まれる本には、秘密があります。

「書きたいように書く」のではなく、
「読みたくなるように書く」工夫が大切ですね。

神田昌典さんまとめ

項目内容
出版年1998年10月
起業年1998年
どっちが先か同年
生年月日1964年
出版時の年齢33才or34才
起業時の年齢33才or34才

最後まで読んでいただきありがとうございました!

また次の記事でお会いしましょう。

コメントを残す

*